週末のお楽しみ

京都金杯2019穴馬の条件|斤量のゾーン別




こんにちわ。
今回は、2019年1月5日に
京都競馬場で開催されます京都金杯
の穴馬の条件について深堀りしていきます。

中山金杯と同じくハンデ戦の1戦ですが
傾向はかなり異なることに気付きました。
ハンデの斤量別ゾーンから穴馬も条件を紐解いて
行きます。

京都金杯金杯2019穴馬の条件 まずは斤量ゾーンを検証


[box class=”blue_box” title=”京都金杯斤量別成績”]
過去5年京都金杯の斤量別の成績を
示した表になります。
[/box]
このように軽い斤量のゾーンは成績はイマイチ
です。
逆に重いハンデを課せられる馬はそれなりに健闘してる
部類に入るのではないでしょうか?

55キロの斤量境に顕著に出ている傾向になります。
ここを境に軽いとあまり好走馬出てきておりませんので
このあたりを踏まえながらチャンスのありそうな
馬を絞って行きます。

京都金杯金杯2019穴馬の条件 斤量の重い馬をピックアップ




(スポンサーリンク)

このように斤量の重い馬(56.5キロ以上)は過去5年で
2-3-2-20となっています。
このゾーンは結構おいしい穴馬を探れるかと思いますし
人気の盲点になりそう。
まずはこのゾーンからチャンスのありそうな
馬を探ります!

斤量56.5キロ以上の馬 グァンチャーレ

この馬は京都金杯では56.5キロを背負います。
ストロングポイントとしては2018年から大崩れ
することなく堅実に走っていること。

[box class=”yellow_box” title=”グァンチャーレの近3走ですが”]
・キャピタルステークス 1着
・スワンステークス   3着
・都大路ステークス   3着
[/box]

このようにG2でも3着に入り前走ではOP特別を
快勝しています。
でも、逆言うと重賞ではシンザン記念を勝って以来決め手を
欠いている印象になりますので一連の調子をキープ出来て
いるかは中間の調整をしっかりと見たいですね。

斤量56.5キロ以上の馬 ヒーズインラブ

この馬は2018年に重賞勝ちダービー卿チャレンジトロフィーで
納めております。
前走のマイルチャンピオンシップでは8着とはいえ
0.4差の僅差。
ここに来て力をつけている印象になります。

[box class=”green_box” title=”ここがポイント”]
・中山コース 3-1-1-2
・京都コース 1-0-2-1
[/box]
とこのように関西馬ですが急坂のある中山コースを
得意としていることもポイントになります。
タフな末脚を求められる中山コースのような馬場に
なれば浮上のチャンスはありそうですね!




(スポンサーリンク)

グァンチャーレ・ヒーズインラブのネットと声ですが

最後のツィートにもあるようにグァンチャーレ
は取引可価格210万円で落とされた馬に
なります。
この馬自身収得賞金が2億円を超えていますので
馬主孝行馬と言えますのでこの切り口からは頑張って欲しいですね!




(スポンサーリンク)

まとめます

京都金杯のハンデ別の穴馬の条件としてハンデ56.5キロ
以上の馬を考察してみました。
このゾーンにはロードクエストとスマートオーディンが
おりますがいかにもピークを過ぎた印象になりますし人気も
しそう。

やはりここでピックアップした2頭から
穴馬として馬券圏内に入って欲しいところ
になりますね。

今回も最後までお読み頂きありがとう
ございました。