週末のお楽しみ

日経新春杯2019穴馬の条件|4歳馬と55キロの斤量




こんにちわ。
今回は、2019年1月13日に
京都競馬場で開催されます日経新春杯
の穴馬の条件について深堀りしていきます。

今回のテーマは
[box class=”green_box” title=”日経新春杯ポイント”]
・4歳馬
・斤量(ハンデ55キロ)
[/box]
これになります。
それでは深堀りしていきます。

日経新春杯2019穴馬の条件 とにかく強い4歳馬




(スポンサーリンク)

この表は過去5年の日経新春杯の年齢別の
成績を示した表になります。
こうして見ると明け4歳馬がかなり強いことが
判りますね。
先週の京都金杯も明け4歳馬であるパクスアメリカーナ
が優勝しました。

明け4歳馬には心強いデータになりますね。
それでは今年このレースに明け4歳馬を
ピックアップします。

明け4歳馬グローリーヴェイズ

この馬は菊花賞5着と掲示板に載りました。
3歳時にはきさらぎ賞でも馬券になって
おり京都コースは得意としている
関東馬になります。

今回の距離短縮は明らかに有利な
材料になります。
ハンデ55キロも良い材料ですし
狙える馬になりますね。

明け4歳馬 メイショウテッコン

菊花賞では惨敗に終わるもこの馬も距離短縮で
好走に期待の持てる1頭。

ラジオNIKKEI賞で後の菊花賞馬である
フィエールマンにも先着しておりますし
世代のTOPクラスの馬になります。
初の古馬対戦で56キロがどうでるのか?

日経新春杯2019穴馬の条件 相性の良い55キロのゾーン




(スポンサーリンク)

この表は過去5年の日経新春杯の斤量別の
成績になります。
ご覧の通りに55キロの馬がかなり相性が
良いですね。
このゾーンを深堀りすると。

55キロゾーン馬 シュペルミエール

この馬は6歳馬ですがこれまでおおよそ150週に
渡る休養があります。
ですので、馬はまだかなり若い印象に。

今回、前走よりも2.5キロの斤量減はかなり
大きいポイントになります。
初重賞でも5-2-3-1の成績が示すように
相手なりに走れますので穴馬としてマークしたい
ですね。

55キロゾーン馬 ルックトゥワイス

この馬も6歳馬になりますがかなり良い特徴を
有します。
それは・・。

これまでの競争成績ですべて上がり3位以上を
マークしていること。
スローでもハイペースでも常に良い上がりを使えるの
はかなりポイントが高いですね。

前走は条件戦とはいえ0.5も千切る内容に
なりますのでここでも十分に期待出来そうです。

日経新春杯2019穴馬の条件 ネットの声




(スポンサーリンク)

日経新春杯2019穴馬の条件 まとめます

ピックアップした4歳馬はいずれも上位人気馬。
となると斤量でピックアップした6歳馬で
55キロの両頭に穴馬としての条件がありそう。
あとは最終調整をしっかりと見たいですね。

今回も最後までお読み頂きありがとう
ございました。