週末のお楽しみ

東京新聞杯2019穴馬の条件|ディープ産駒と前走距離短縮組




こんにちわ。
今回は、2019年2月3日に
東京競馬場で開催されます東京新聞杯
の穴馬の条件について深堀りしていきます。

今回のテーマは
[box class=”green_box” title=”シルクロードSポイント”]
・ディープインパクト産駒
・前走距離短縮組
[/box]
こちらになります。

東京新聞杯2019穴馬の条件 ディープインパクト産駒が強い




(スポンサーリンク)

この表は過去5年の東京新聞杯の種牡馬別成績を
示し表になります。
この表のようにディープインパクト産駒がかなり
強いですね!
単勝回収率も複勝回収率も水準以上の
回収値になっておりますので狙い目かと。

ディープインパクト産駒の人気別成績ですが

ご覧の通りに1.2番人気のディープインパクト産駒
はサッパリですが下位人気のディープインパクト産駒
はかなり走っていますね。
これは、穴馬の条件として十分に当て嵌まりそうな
物になっています。

東京新聞杯2019穴馬の条件 前走より距離短縮組

この表は過去5年の東京新聞杯の前走距離別成績
を示した表になります。
このように前走から距離短縮の馬がかなりの
回収率をたたき出していますね。
特に前走から500m以上の距離短縮の馬は
”3-1-0-3 単勝回収率510% 複勝回収率190%”
これは、かなり強烈な数値になっています。
大幅な距離短縮の馬には注目しておくと良いデータと
言えます。

今年のディープインパクト産駒ですが

今年、東京新聞杯にエントリーしているディープインパクト産駒
ですが
サトノアレス、リライアブルエース、レッドオルガの3頭に
なります。
ここからピックアップしていきます。

ディープインパクト産駒、サトノアレス


前走の大敗で上位人気のディープインパクト産駒
にはならない気配。
ですが、この馬は昨年の2着馬でもありますし
東京コースでは崩れておりません。
中間の調整を良く見極めてではありますが
狙える1頭になるかと思います。

ディープインパクト産駒、レッドオルガ


この馬は関西馬ですが東京コースを得意としています。
東京コース 2-0-2-0
そして、この馬を推したいもう一つの理由が

近親に東京1600m得意馬が多い!

クラレント NHKマイル3着 安田記念3着
レッドアリオン 富士S3着 安田記念4着
レッドヴェイロン NHKマイルカップ3着

東京1600mに好走実績を持つ馬が多数。
この馬も能力的に侮れない1頭になるかと
思います。

前走から距離短縮の馬

今年のメンバーで前走から距離短縮の
馬ですがヤングマンパワー、レアリスタ、レイエンダ
この3頭になります。
ここからピックアップします。



(スポンサーリンク)

前走から距離短縮の馬 レイエンダ


この馬は前走から距離短縮でマイル路線を
選択してきました。
鞍上がルメール騎手→北村騎手に乗り替わることが
鞍上ダウンとは個人的には言えないと思います。

藤澤和雄厩舎の馬ですし調教もつけている
同騎手であれば能力とおりにコントロール
出来るとみています。
大幅な距離短縮馬ではありませんが非凡な能力を期待したいですね。

まとめます

今回の穴馬の条件ではディープインパクト産駒の
レッドオルガを推したいですね。
やはり近親の東京コース適正は見逃せないないですし
人気薄のディープ産駒で穴馬の条件に見事に合致。
ここは高配当の立役者になって欲しいところですね。
今回も最後までお読み頂きありがとうございました。




(スポンサーリンク)