週末のお楽しみ

きさらぎ賞2019穴馬の条件|前走と同じ騎手とキャリア




こんにちわ。
今回は、2019年2月3日に
京都競馬場で開催されますきさらぎ賞
の穴馬の条件について深堀りしていきます。

今回のテーマは
[box class=”green_box” title=”きさらぎ賞ポイント”]
・前走から乗り替わりなし
・キャリア3戦までの馬
[/box]
こちらになります。

きさらぎ賞2019穴馬の条件 前走から乗り替わりなしの馬





(スポンサーリンク)

この表はきさらぎ賞の過去5年の前走から乗り替わり
を示した表になります。
こうして見ると圧倒的に前走から乗り替わりなし
の馬が強いことが判りますね!
”前走から乗り替りなし 5-3-4-10 複勝率54.5%”
この数値を見る限りかなり良い数字に見えます。
ですので、前走から乗り替わりなしの馬にフォーカスして
行きます。

きさらぎ賞2019穴馬の条件 キャリア3戦目までの馬


この表は過去5年のきさらぎ賞のキャリア別の成績
になります。
ご覧の通りにキャリア4戦以降の馬がパフォーマンスを
ガクンと落としているのに対してキャリア3戦目までの
馬はかなりの高パフォーマンス。
ここまで使いすぎの馬は軽視しておきたいですね。

前走から乗り替わりなしの馬

今年のきさらぎ賞で乗り替わりなしの馬ですが
エングレーバー、ランスオブプラーナ
出走意思を示している馬の中ではこの2頭。
ピックアップする馬ですが

エングレーバー

今回、上位人気が想定される3頭が
いずれも乗り替わりになります。
そこで白羽の矢が立ったのはこの馬に。

現在、連勝中で勢いに乗るオルフェーヴル産駒
なります。
馬体の小さなオルフェーヴル産駒はあまり走らない
ことが多いところだけが不安材料になりますが
この切り口からはこの馬をピックアップしたいですね。

ここまでキャリア3戦目までの馬

アガラス、エングレーバー、サンアップルトン、タガノディアマンテ
メイショウテンゲン、ランスオブプラーナ、ヴァンドギャルド
この馬たちになります。
ここからピックアップします。



(スポンサーリンク)

メイショウテンゲン

この馬は乗り替わりでなければ
穴馬の条件としては最適かと。
でも、この切り口でも引っかかるということは
狙い目はありそうですね。

ディープインパクト×メイショウベルーガという
良血になりますのでここは血の良さを活かして
どこまで?

ヴァンドギャルド


前走惜敗もこのメンバー構成で
デムーロ騎手鞍上であれば人気になりそうですね。
母方にサドラーズウェルズ、レインボークエストという
欧州の重厚な血が入っておりますのでタフな馬場での競馬は
向くかと。
人気が上でも押さえておきたいですね。

まとめます

今回のきさらぎ賞穴馬の条件で一押しは
エングレーバーにします。
連勝中の勢いがありますし前走から乗り替わり
なしはかなり心強いデータになるかと。
このあたりを踏まえると穴馬の条件としては
狙えるデータと言えますね。
今回も最後までお読み頂きありがとうございました。




(スポンサーリンク)