タレント

村雨辰剛スウェーデン生まれの日本人?低賃金の造園業経歴まとめ


こんにちわ。
今日は、村雨辰剛スウェーデン生まれの日本人
の深堀りになります。
??と思われる方もいらっしゃると思いますが
帰化したのでこの表現に。

NHK総合「みんなで筋肉体操」という何とも
単発で終わりそうな企画で最近ブレイクして
いる人になります。
村雨辰剛さんのお仕事は造園業(庭師)
筋肉隆々の彼を深堀していきます。


    (スポンサーリンク)

村雨辰剛さんの本名は?

ヤコブ、S、ビヨークさんと言ってスェーデンから
22歳の時に来日してきたそう。
愛知県西尾市の某造園家の方のところに弟子入り
したところから日本のキャリアが始ります。


こうしてみるとかなりのイケメンですし
仕事も出来そうな雰囲気を醸し出していますね!

造園業し下積み時代の低賃金

2017年に独立するまでは親方の元で
修行している時間を過ごした村雨さん。
慣れない日本文化での仕事でさぞ大変かと思いきや

 「徒弟制度で修業する」という夢を実現
 村雨の夢は「日本の徒弟制度で修行すること」だった。
「徒弟制度の中で働けるのなら、それこそ和食の世界でも、
宮大工でも何でもいいと思っていたんです。すると23歳の時に
造園業のアルバイト募集の広告を見つけ、応募しました」
幸運にも、この“親方”は、欧米で和風庭園の設計も担当し
、英語は堪能という人物。共に喜んで勤務が始まるも、既に“弟子”の枠は満杯だった。
そのために愛知県の小さな造園会社に転職を果たす。ここで“本当の親方”に出逢う。
ヤフーニュース
より引用

幸運があったのですが本当の親方としたう加藤造園の
当時の給料は16万円程度と聞きます。
需要はありますが低賃金の世界で頑張ってきた
根性のあるところ感じますね。




(スポンサーリンク)
この当時の親方の命名で今の「村雨辰剛」になった
とのことです。
その後は芸能事務所とも契約を果たし今回のNHKの
番組に出演する運びとなり話題を振りまいたという結果に
なっています。

まとめます

もともと日本人ではないけど日本人より日本人
らしい村雨さん。
造園業という低賃金の職についても努力と根性で
乗り越えてタレント事務所に入れるようになりこうして
話題を振りまくまでになっています。

今後の活躍を期待したいですし応援したくなるような
要素を多く持ち合わせている彼の活躍を心から祈りたい
ですね。




(スポンサーリンク)