週末のお楽しみ

スワンステークス2018穴馬の条件|今回距離短縮で複勝狙い





(スポンサーリンク)
こんにちわ。
今日は、スワンステークスの穴馬の条件に
ついてお話ししていきます。
このレースはマイルチャンピオンシップの
重要な前哨戦になります。
ですので、前走でG1を勝ったモズアスコット
がここから始動ということになります。

スワンステークス穴馬の条件 前走距離


これは。”過去5年のスワンステークス出走馬の前走距離”
別成績を示したものです。
こうしてみると顕著に出ている傾向がありますね。




(スポンサーリンク)

前走から距離短縮で使う馬が強い!

スワンステークスは芝の1400mで行われます。
ということは前走ではこの距離より長いところから
使っている馬が強いようですね。
4-3-2-20 単勝回収率113% 複勝回収率96%
これはかなり優秀な数字ですし
前走から距離短縮してきた馬をベタ買いするだけで
儲かるゾーンと言えますね。
このデータで今年は穴馬の条件を満たす馬を
選択したいところ。

前走から距離短縮で挑んでくる馬ですが


今年のエントリーメンバーで前走から
距離短縮の馬は全部で5頭です。
おぉ~断然人気が予想されるモズスコットも
このゾーンにいます。
明日は堅いのかな?

前走から距離短縮で挑んでくる馬から穴狙い

さすがにモズアスコットからは買えませんので
穴目の馬を探すことに。

前走から距離短縮で使う馬 べステンダンク


この表はべステンダンクのこれまでの
成績を示した表です。
これを見ても判るとおりに京都競馬場
の成績がかなり優秀です。
京都競馬場 4-4-2-4 複勝率71.4%
他の競馬場とは異なりこのコースで
異常な強さを見せています。
コース適正言えばこのメンバーでも上位になります。
更には距離短縮時に好走した実績もありますので
心強いですね!




(スポンサーリンク)

みんなのスワンステークスの予想ですが

う~んこうしてみるとみんなモズアスコット
を中心視しているようですね。
あの馬から入ると配当はつかないな・・・。

まとめます

距離短縮+京都コース巧者である
◎ 3 べステンダンク 複勝 1点
これで行きます。
今回も最後までお読み頂きありがとう
ございました。