週末のお楽しみ

東スポ杯2歳S2018穴馬の条件|前走1800m上がり1.2位馬


(スポンサーリンク)

こんにちわ。
今回は、週末のお楽しみということで
11月17日土曜日に行われます東京スポーツ杯
2歳ステークスの穴馬の条件という切り口
でお送りしたいと思います。
昨年はこのレースの覇者であるワグネリアン
がダービー馬に輝きました!

東京スポーツ杯2歳S2018穴馬の条件 前走距離


この表は
”過去10年東京スポーツ杯2歳Sの前走の距離別成績”
を示した表になります。
これを見てわかることは
前走1800mの馬と前走1600mの馬がかなり
強いということ。

前走1800m使い馬

7-2-6-51 7勝を挙げているゾーンになります。

前走1600m使い馬

3-4-3-34 単勝回収率80% 複勝回収率118%
これは寺銭を除くと優秀な数値と言えるゾーンに
なりますね。

前走1800mの新馬戦を使っている馬が良い感じ


前走1800mのゾーンを前走レース別にソートを
かけると前走新馬戦の馬が浮上してきますね。
意外とキャリアは要らない傾向であることが
このことからも判ります。

更にこのゾーンに上がりという切り口を加えます


このように上がり1位をマークした馬が
2-1-2-5と複勝率が一気に50%とかなりの
確立になることが判りますね。
この条件だけ狙ってもOKのような気がしますが
皆さんはいかがでしょうか?
まとめると
前走新馬戦で1800mの距離を使い上がり1位を
マークしている馬
ということになります。




(スポンサーリンク)

東京スポーツ杯2歳S2018穴馬の条件 前走1800m上がり1.2位が優秀


これは、前走1800mだけにソートを戻し
上がり別にソートをし直しました。
こうして見ると
前走上がり1.2位の馬の活躍が目立ちそれ以外の上がり
のゾーンはサッパリであることが判りますね。
ですので、穴馬の条件で狙うのならばこの条件を満たす
穴馬から選択したいと思います。

東京スポーツ杯2歳S2018 巷の予想家のお手並み

本命サイドの予想が多いですね~
まだキャリアの浅いもの同士の対戦になりますので
ここは穴馬の条件にフィットする馬を狙います。




(スポンサーリンク)

東京スポーツ杯2歳S2018 穴馬の条件◎ですが

◎ 10 クリノガウディー
超大穴ですが穴馬の条件をすべて満たし
騎手が戸崎騎手に鞍上強化になります。
明日の東京の馬場も軽い馬場で瞬発力勝負に
なるかと思いますのでこの馬を狙い高配当を期待ですね!
でも、軸というよりはヒモ、そして複勝狙いもしくは
ワイドの軸で人気どころに流すのが面白いかもですよ!

今回も最後までお読み頂きありがとう
ございました。