テレビ番組

ニュースzero谷生俊美のプロフィールを画像で検証!経歴まとめ





こんにちわ。
今回は,ニュースzeroの異色のコメンテーターとして
話題の谷生俊美さんを深掘りしていきます。
ぱっと見で今話題の芸人さんであるガリットチュウの
福島さんに見えますしアルフィーの高見沢さんにも
似ている風貌のある容姿。

谷生俊美さんは
トランスジェンダーでLGBTであることをカミングアウトして
います。
これまでの経歴を画像を使いながらまとめていきます。

(Sponsored Link)

谷生俊美さんのプロフィール

twitterより引用

名前:谷生俊美(たにお としみ)年齢:44歳

学歴:東京外国語大学言語文化学科ドイツ語⇒大学院

職歴:日本テレビ

所属:日本テレビ『金曜ロードSHOW!』プロデューサー

前所属先:外報部⇒社会部警視庁⇒外報部

信 条・座右の銘:己の信じる道を行く

好きなもの:甘いもの

読み方の難しい漢字になりますのでひらがな
で表記すると「たにうとしみ」さんとお読みする
との事です。

日本テレビに入社したきっかけは映画に携わる
仕事をしたかったからとの事。
以前はテレビ朝日でも日曜日に決まった時間帯
に映画を毎週のように放映してましたよね?
選択肢が日本テレビだけになった現在は賢明な選択
と言ったところでしょうか。




(スポンサーリンク)

谷生俊美さんのこれまでの経歴ですが

twitterより引用

入社後は、谷生俊美さんが最初に配属されたのは外報部
でした。
海外支局や通信社から入ってくるニュースを処理し報道に
回す部署についておられました。
その後、社会部警視庁担当に異動したとなり警視庁との
やり取りを中心に活動して再び外報部に所属し、
インドネシアやイランに派遣された経歴があります。

このような背景から現在では4ヶ国語を堪能に話せる
力が備わったそうです。
2005年からはその仕事ぶりが評価されてカイロ支局長を
2009年まで担当していた経歴もあります。
仕事の出来る人が順当に出世していく姿が想像できますね。
でも、当初日本テレビに入社した理由は映画では??

谷生俊美さん2012年に念願の「金曜ロードSHOW!」のプロデューサーに就く

それまでの海外での仕事が評価され2012年に念願であった
映画に携わる仕事もに就くことになります。
これまで関わってきた主な作品ですが
[aside type=”boader”] ・おかみこどもの雨と雪
・ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE
・劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(ファントム・ルージュ)
・映画 ひみつのアッコちゃん
・映画 妖怪人間ベム
・藁の楯‐わらのたて[/aside]
軽く調べただけでもこれだけの作品に関わって
います。
念願の仕事につけて活躍されている事が
わかりますね。




(スポンサーリンク)

谷生俊治から谷生俊美への分岐点 カミングアウト

twitterより引用

2005年からカイロ支局長に就いた谷生さん。
戦争や紛争の多い地域でたったひとりの日本人として
取材活動をしていました。
大変な激務で悩みを側にいる人に話せる環境では
なかったとの事。
この状況から自分を深く見つめ直す時間が日本にいる時よりも
多くなっていったとの事です。

谷生俊美自身のトランスジェンダーに気付く

以前よりトランスジェンダーを自覚していた谷生さん。
トランスジェンダーの中には外見を変える際に勤めていた会社を辞める人
も多いとのことです。
これは、今の日本は以前とは異なって理解が進んだとは言えまだ
このようなことでは後進国な訳です。
いろんな障害がつきものですね。
カイロでの支局長での任期中に髪を伸ばし始めて
女性が身につける物を身につけて周囲から「大丈夫か?」
と心配された時期もあったとの事。
でも、谷生さんにとってはこれが自分のコアに向かう行いと
強く思っていたので周囲の意見は気にならなかったようですね。

谷生俊美自身のトランスジェンダーをカミングアウト

カイロ支局長の任を解かれ日本への帰国を
果たした時にその時の女性上司に思い切って
トランスジェンダーであることをカミングアウト
しました。

それは、これまでのキャリアを否定されることなく
ありのままの姿で仕事をしたい!という谷生さんの
強い気持ちでした。

直属の上司
「言ってもらって良かった」と谷生さんに感謝の言葉を述べたそうです。

と谷生さんに感謝の言葉を述べたそうです。

これが、2015年の事になります。
まだこの時期はトランスジェンダーに関する偏見も
あっただろうと推測され時期だけに日本テレビの
社内の組織力が高いんだなぁと思わされますね。

その後、直属の上司は関係各所に根回し、説得を
一緒に試みてくれて社内の理解が深まったという
エピソードがあります。

ネットの反応ですが

まだ腫れもに触るような意見も多いですが
多様性が認められなければいけない
社会。
それも影響力の強いニュースの解説者で
評価されていることも判りますね。

谷生俊美さんの知的力ぼ高いコメント

このツィートにもあるように谷生俊美さんが出演される
時のコメントには定評があります。
やはりこれまでの経歴に裏付けられている側面も大きいかと
思います。

出演当初は緊張した面持ちがこちらに伝わって
きておりましたが最近は肩の力も抜けて以前よりまして
コメント力が上がっているようにも思えます。





(スポンサーリンク)

まとめます

海外赴任→トランスジェンダーをカミングアウト→就きたかった映画の仕事
このような経緯で全てを叶えているように見える谷生さん。
まだ世間の偏見もありますが今後の活躍を期待しています。

今回も最後までお読みいただきありがとう
ございました。