ニュース

グレッグ・ケリーとゴーンの関係性は?年収は?家族は?経歴まとめ


(スポンサーリンク)

こんにちわ。
今回は、日産のカルロス・ゴーン会長が逮捕されました。
容疑は金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)
というもの。

ゴーン氏の報酬を実際の報酬より少ない額を有価証券報告書に記載
していたことが事の発端ですがこれはゴーン氏一人では到底できない
こと。
今回は側近で同時に逮捕されたグレッグ・ケリー氏について深掘り
します。
家族や年収彼にまつわるエピソードを調査しました。

(Sponsored Link)

グレッグ・ケリー氏のプロフィールですが

twitterより引用

名前:グレッグ・ケリー
生年月日:1964年7月
出身地:アメリカ
グレッグ・ケリー氏は日産自動車取締役

グレッグ・ケリー氏はゴーン会長よりも早く日産入り

これまでのグレッグ・ケリー氏の経歴ですが

1988年3月北米の日産自動車に入社し法務部シニア・マネージャー、次席弁護士
1993年8月日産自動車人事部ダイレクター
2008年日産自動車執行役員に就任
2015年2月日産自動車の代表取締役に就任

こうして見ると実に30年を超える期間日産にいたわけかぁ・・。
となるとゴーン氏よりも日産の内部を知り尽くして
いるし日産が落ちぶれていく過程もよく知っていた人物
の一人言えそうですね。

20台前半で弁護士として活躍していた時期も
あるそうです。
北米日産に入社のきっかけもこの資格のおかげ
のようですね。

グレッグ・ケリー氏の年収ですが

グレッグ・ケリー氏の年収は明らかになって
いません。
ゴーン氏の年収が20億円と言われています。
彼も取締役の地位にいますし30年近く日産を
いる人物。

ゴーン氏の半分もらっていると想像しても
10億円はあったのでは?
あくまでも推測の域を出ませんのでスイマセン。

グレック・ケリー氏日本版司法取引で減刑を

ゴーン容疑者とともに金融商品取引法違反容疑で逮捕された
代表取締役のグレッグ・ケリー容疑者(62)が、複数の執行役員
らに虚偽記載を指示していたことが関係者の話でわかった。

東京地検特捜部とこの複数の執行役員らが日本版「
司法取引」(協議・合意制度)に合意していたことも判明した。
ヤフーニュースより引用

日本の調べも以前とくれべてかなり画期的に
なってますね。
でも、日本の文化というか減刑という概念が
薄いだけに・・・。
でも、犯罪者が外国人だと適用しやすい側面も
あるのかな?
日本人の容疑者で司法取引が盛んになる時が
くるのかもしれませんね。



(スポンサーリンク)

ゴーン氏とグレッグ・ケリー氏の関係性ですが

ゴーン氏とグレッグ・ケリー氏の接点は
ケリー氏が日本にきた2008年頃からに
なりますね。
執行役員としてゴーン氏の側近として支えてきました。
今後、容疑の全貌がわかってくるかと思いますがまだ複数の
関係者がいそうな気配です。



(スポンサーリンク)

ネットの声ですが





(スポンサーリンク)

まとめます

ゴーン氏の側近グレッグ・ケリー氏について深掘り
しました。
ゴーン氏より長く日産にいたわけですが
2008年頃から側近となり今回の虚偽記載に
手を染めたという事実がわかっています。

今後の捜査の進展次第ではもっと驚くような
内容も出てきそう。
そうなった時にはさらに深掘りしていきたいと思います。
今回も最後までお読み頂きありがとうございました。