週末のお楽しみ

朝日杯FS2018穴馬の条件|生まれ月と好走ローテ




こんにちわ。
今回は、12月16日に開催されます2歳の
G1レース朝日杯フューチュリティステークス
の穴馬の条件について深堀りしていきます。

なんともよみ辛い名前で先週の阪神ジュベナイルフィリーズ
と同じ距離の今度は牡馬バージョンになります。
ですが、今年の1番人気必至な馬は牝馬!
これは荒れる予感?

朝日杯フューチュリティステークス2018穴馬の条件 生まれた月





(スポンサーリンク)

この表は”過去4年の朝日杯フューチュリティステークスの生まれた月別成績”
になります。
こうして見ると2つのゾーンにかたよりが
ありますね。
[box class=”green_box” title=”ここがポイント”]
・1月生まれ
・2月生まれ
3連率で30%越えのバイアス!
[/box]

サラブレッドは人の三倍のスピードで
この時期は成長すると言われています。
ですので、早く産まれた馬がこのレースでは
好結果を出す傾向にあるのか?早く産まれた
馬が強いですね!

朝日杯フューチュリティステークス2018穴馬の条件 2月生まれ人気薄好走


この表は2月生まれの成績を人別にソートを
かけたもの。
これを見ても判るように上位人気馬は
勝てはしないものの安定して馬券になっていますね。





(スポンサーリンク)

ポイントは穴馬の台頭

ここ5年ではこのゾーンから
[box class=”yellow_box” title=”ここがポイント”]
・6番人気 サトノアレス 優勝
・7番人気 モンドキャンノ 2着
・14番人気 アルマワイオリ 2着
[/box]
このようにこのゾーンからは穴馬の
台頭が散見されています。
ちなみに1月生まれの馬は2.3番人気の馬が
馬券になっているゾーンになっていますので
深堀りすべきは2月生まれの馬になりますね。

朝日杯フューチュリティステークス2018穴馬の条件 2月生まれ馬

このように朝日杯フューチュリティステークスは
2月生まれの馬と好相性になりますので
今年の出走馬をピックアップしてみます。

朝日杯フューチュリティステークス2018穴馬の条件 アスターペガサス


この馬は3戦2勝の馬になります。
デヴュー戦→函館2歳ステークス連勝を飾り
距離延長の京王杯2歳ステークスでは0.5差の5着
に敗れました。

今回は更に1Fの延長になりますので
そのあたりが心配でもありますが人気薄でも
走るゾーンにいる馬になりますので注意は必要かと
思います。

朝日杯フューチュリティステークス2018穴馬の条件 ケイデンスコール


この馬は3戦2勝。
前走は新潟2歳ステークスを勝ってここになる馬に
なります。
距離をこなしている点はかなり大きなアドバンテージに
なりますし阪神芝1600mで抜群の成績を残すロードカナロア産駒。

休み明けになりますのでやはり中間の調整は
しっかりと見ておきたいですね。

朝日杯フューチュリティステークス2018穴馬の条件 ディープダイバー


この馬は今回の登録メンバーの中で最多のキャリア6戦
をしています。
ですが、すべてのレースにおいて連対しており
相手なりに走る傾向のある馬と言えます。

後にOP特別で好走するような馬とも
好勝負していますので能力はあるとみていますので
穴馬候補で狙いたいですね。





(スポンサーリンク)

まとめます

今回は朝日杯フューチュリティステークスの穴馬の
条件として2月生まれ馬について深堀りして
みました。

人気サイドから穴馬まで役者がそろっている
ゾーンに今年もなっている印象になります。
中間の調整を見極めて馬券に選択するのか?
を判断したいと思います。
今回も最後までお読み頂きありがとうございました。