週末のお楽しみ

有馬記念2018穴馬の条件|好走ローテジャパンカップ組




こんにちわ。
今回は、12月23日に開催されます
平成最後の有馬記念の穴馬の条件に
ついて深堀りしていきます。

断然の人気馬レイデオロ、障害の絶対王者オジュウチョウサン
みどころの多い今年の有馬記念ですが穴馬の条件では
この2頭は該当しない切り口で考察してみました。

有馬記念2018穴馬の条件 前走ジャパンカップ組

[aside type=”warning”] 過去5年有馬記念
好走ローテーション別の成績を示した表です。 [/aside]
この表からも判るように前走ジャパンカップ組が
好走しているケースが多いですね。

母数が足りている組では断然の数値になりますので
ここのゾーンの好走傾向を深堀りしていきます。





(スポンサーリンク)

有馬記念2018穴馬の条件 前走ジャパンカップ組人気別成績


ジャパンカップの人気別の成績を見て判るのは
1番人気が強いということ。
ですが、今年のジャパンカップ1番人気はアーモンドアイ
でしかも見出走。
となると次のゾーンから探りたいですね。

ジャパンカップで6番人気以下はキビシイ

この表から判ることはジャパンカップで
6番人気以下だった馬はキビシイというデータに
なります。
ここ5年では全く馬券になっておりませんので
このデータを活かせばだいぶ絞れてきそうですね。

有馬記念2018穴馬の条件 前走ジャパンカップ組着順


[aside] ポイント
ジャパンカップで連対を果たしてきた馬は不振傾向 [/aside]
この表のようにジャパンカップで連対した
馬は勝てていないデータがあります。

逆に3.4.5着の馬のゾーンに良い傾向が
あるのが判りますね!
この傾向を深堀りすると良い穴馬の条件に
なりそうな気配がします。





(スポンサーリンク)

有馬記念2018穴馬の条件 前走ジャパンカップ組条件を満たす馬

先にお示しした2つの条件をクリアする馬を
深堀りします。
・キセキ
・シュヴァルグラン
・ミッキースワロー
・サトノダイヤモンド
この4頭になります。

前走ジャパンカップ組条件を満たす馬 シュヴァルグラン


ジャパンカップ 5番人気 4着
と好走傾向に当て嵌まる昨年の3着馬に
なります。

2400m以上の距離は安定感がありますので
今年も警戒が必要ですね。
キセキが秋4戦目に対してこの馬は3戦目。
この切り口の狙いなら逆転も可能かと思います。

前走ジャパンカップ組条件を満たす馬 サトノダイヤモンド


ジャパンカップ 3番人気 6着
と着順が引っ掛かりますが人気の面から巻き返し
を期待しても良いかと。

2年前3歳の身で優勝しているように距離適性は
十分。
長いスランプがありましたが京都大賞典で
復活を果たしているようにここもチャンスが
ありそうとみています。

有馬記念2018穴馬の条件 まとめ

前走、ジャパンカップ組の好走傾向の切り口
でまとめて深堀りしてみました。

ピックアップした2頭はいずれもこのレースの
好走実績を兼ね備えています。
このあたりを踏まえると今年も好走を期待したい
ですね。
平成最後の有馬記念をぜひとも的中させたい
ところになります。
今回も最後までお読み頂きありがとうございました。





(スポンサーリンク)